バレンタインチョコレート

バレンタインデーの思い出

高校2年生のバレンタインデーに、初めて付き合った彼女にカラオケに誘われました。当時は、お互い実家暮らしだったため実家外でしか会えませんでした。数日前から、バレンタインデーにチョコレートを渡したいから2人きりになれる場所で会いたいと伝えられていました。

 

当日、チョコレートを渡され開封してみると手作りのチョコレートケーキでした。親に教わりながら作ったと言っており、放送されていた用紙などで手作りとわかったくらいに味はとても美味しかったことを覚えています。

 

 また、その日に別の友人(女友達)から市販されている菓子の詰め合わせをもらいました。中に入っていた菓子は、カントリーマームやチロルチョコ、ポッキー、ブラックサンダーなどが各々3〜5個ずつ程入っていました。

 

妹と従兄弟からも、星形のチョコレートをもらい作り方を聞くと、市販されている板チョコレート(ブランドや商品名は不明)を溶かし、星形の枠に入れて冷やし固めただけだと言っていました。そのチョコレートには、粉上のカラフルなチョコレートも振り掛けられており、カラフルな見た目のものでした。

 

ルタオ地図