手作りチョコ

同い年の彼氏に精一杯の手作りチョコ

中学3年のとき、同じ部活の人とお付き合いをしていました。彼氏ともなると、さまざまなイベントでプレゼントを渡したくなります。

 

付き合っていた期間にバレンタインデーが重なったときは。心の中でガッツポーズでした。お菓子作りが趣味だったので、何かを作って渡すというのは決めてありましたが、問題は何を作るかということ。

 

クラスの友達には、クッキーを作ることにしていたけど、同じものを渡すのはなんだか申し訳ないというか、味気ないというか。もう少し手の込んだものをプレゼントしたくて必死に本を読み漁りました。そして作ったのが、生チョコ。

 

当時の彼氏は、甘いものが大好きだったのでガーナのミルクチョコレートを使った生チョコレートに挑戦しました。ラム酒を入れたり、温度調節が難しかったり。

 

でも、不思議と苦ではなく楽しんでいた自分がいて。ちゃんとココアもまぶして、ラッピングもきれいにして。チョコ入りのクッキーを作るより、チョコケーキを作るより何倍も何倍も緊張して失敗して、やっと出来上がった生チョコは自信作となりました。

 

口に合えばいいなとどきどきしながら渡したのはいい思い出です。彼のおいしいの一言で、それまでの緊張や失敗が全部吹き飛ぶくらいうれしかったのを覚えています。

 

イチゴのバレンタイン

 

ルタオバレンタイン