バレンタインの思い出

彼氏なし時代のバレンタインデー

中学生のときのバレンタインデーのことです。当時は、仲が良かった女子に手作りのクッキーを振舞うのがマイブームでした。バレンタインデーもクッキーにしようかと思っていましたが、一人の人からリクエストが。バレンタインデーだから、チョコレートケーキがいい。

 

それまでチョコレートケーキなんて作ったことがなかった私は、冷や汗者でした。クッキーならまだしも、ケーキなんてと。今で言う友チョコにあたるんでしょうか。その当時は友チョコという言葉が流行り始めたくらいです。

 

しかし、渡すのは基本的に学校の教室の中だったので、大きなケーキを持っていくわけにはいかず、一口サイズのカップケーキを作ることにしました。人生初のテンパリングに四苦八苦しながら何とか作り上げたカップケーキ。
使用チョコは明治のミルクチョコレート。なんとなくお菓子作りに向いてるなとの直感から大量購入したんです。

 

ホットケーキミックスから作るカップケーキのレシピを探して、バレンタインデー前日の夜にせっせと作った記憶があります。そのときは、ほかのクラスの人たちの分も用意してありました。

 

彼氏という存在もまったくなかった私にとっては、友達にあげる手作りのカップケーキが唯一のバレンタインデーのプレゼントでした。チョコを交換した人もいれば、渡しただけの人もいますが、それが私のお菓子作りの原点になったのかなと思っています。

 

ルタオチョコ